ペニス増大と食べ物の関連性について

野菜

私たちが毎日口にする食べ物は、私たちの体を形作るものです。バランスの良い食事を摂ることが望ましいとされていますが、ペニス増大のために効果的な食べ物とは、一体どのようなものなのでしょうか。本記事では、ペニス増大に効く栄養成分とそれが含まれている食べ物についてご紹介します。

ペニス増大に必要な成分とは?

レゴ

ペニスを大きくすることは、1日や2日で達成できることではありません。毎日の積み重ねが物を言うペニス増大だからこそ、毎日の食事に気をつけてみましょう。そこで、ペニス増大に必要な成分についてご紹介します。

アルギニン

エビ

アミノ酸の一種であるアルギニンには、性機能改善や成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。その他にも、アルギニンは疲労回復や免疫力アップにも寄与しますが、ペニスを大きくしたいと思うならぜひとも摂取しておきたい成分だと言えるでしょう。アルギニンは体内で一酸化窒素を生成し、動脈硬化をはじめ、さまざまな生活習慣病を防いだり改善したりするのに効果を発揮します。アルギニンを摂取することで血流が良くなり、血管の膨張作用でペニスが勃起しやすくなります。また、アルギニンには、成長ホルモン放出を抑制するソマトスタチンを阻害する作用があります。そのため、アルギニンを摂取することで、ペニス増大に欠かせない成長ホルモンの分泌を促すことが可能です。

亜鉛

牡蠣

ミネラルの一種である亜鉛は、新陳代謝をサポートしたり、体内で男性ホルモンの一種であるテストステロンを生成したりします。ペニス増大に良いとされているのは、亜鉛が精液の量や質を向上させ、勃起力をアップするために欠かせない成分だからです。ペニスの海綿体細胞に作用する訳ではないため、実質的にペニスを増大させる訳ではありません。しかし、精力アップやペニスを硬く元気にする働きがあり、海綿体細胞に「大きくなれ!」と指示して成長ホルモンがペニスに使われるようにするので、ペニス増大を目指すなら積極的に摂取するようにしましょう。

シトルリン

スイカ

アミノ酸の一種であるシトルリンですが、この成分には血管拡張作用があります。血管を広げることで体内の血流を良くし、海綿体により多くの血液を送り込んでペニスを増大させることが可能になります。血管に関係する成分であるため多量摂取は危険だと思われがちですが、肝臓で生成されて消化されるので、ある程度摂取しても副作用が起きることはないとされています。ただし、血管がもろいなどの問題を抱えている人は、医師に相談してから摂取するようにしたほうが良いでしょう。

ビタミン類

レバー

ビタミンの中には、血行を良くするものや男性ホルモンの分泌をサポートするものなどがあります。また、ビタミンB群などは勃起力アップを助けることができるためペニスを大きくしたいなら摂取しておきたい成分です。

良質なタンパク質

卵

良質なタンパク質は、筋肉や内臓、血液を作るのに欠かせない成分です。それに加えて、細胞を修復し、ホルモンを作るための材料にもなります。ペニスを増大させたいのであれば、海綿体細胞を増やすための材料が必要です。良質なタンパク質を摂取することで、ペニスを大きくするために欠かせない成長ホルモンなどの分泌を助けることができるでしょう。偏食や菜食主義の場合にはタンパク質不足になり、成長ホルモンがうまく分泌されない恐れがありますから、バランスの良い食事を心掛け、良質なタンパク質を摂取するようにしましょう。

ペニスを大きくしたいならコレを食べよう

ペニスを大きくしたいと思うなら、どんな食べ物を食べると良いのでしょうか?この段落では、ペニス増大に効果があるとされている成分を含んだ食べ物をご紹介します。

牡蠣

牡蠣02

亜鉛を多く含む牡蠣は、ペニスを大きくしたいならおすすめの食べ物です。亜鉛以外にも、ビタミンB12 やセレンなどを多く含んでおり、ビタミンとミネラルがたっぷり入った牡蠣は「海のミルク」と呼ぶにふさわしいと言えるでしょう。ただし、亜鉛の過剰摂取には注意が必要です。牡蠣の食べ過ぎで亜鉛を過剰摂取すると、倦怠感や頭痛、黄土や腎臓障害、さらには免疫力の低下などが起こる場合があります。成人男性の1日の亜鉛摂取目安は12mgですから、牡蠣を5個ほど食べることで1日に必要な摂取量を補うことができます。

魚類

魚

魚の中でも赤身の魚はミネラルを多く含んでおり、タンパク質を効率よく吸収することができます。マグロ・カツオ・イワシなどを食事に摂り入れ、良質なタンパク質を摂取するなら、筋肉や骨、そして血を作る材料となります。また、魚には脳に良いとされるDHA(ドコサヘキサエン酸)と血栓を防ぐEPA(エンコサペンタエン酸)が含まれています。特にEPAには、血中の脂肪代謝をアップしてコレステロール値を下げるほか、血小板の凝固を抑制して血栓を防ぐなどの効果があるため、体内の血液をサラサラにする効果があります。

大豆食品

納豆

豆腐やテンペなどの大豆食品は良質なタンパク質源として知られていますが、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンも含まれています。アルギニンを効果的に摂取しようと思うなら、湯葉や高野豆腐を積極的に食べると良いでしょう。高野豆腐にはカルシウムも多く含まれているため、ペニス増大のほかにも、筋骨たくましい男らしい肉体を目指すことができるでしょう。

スイカ

スイカ02

スイカには、アミノ酸の一種であるシトルリンが含まれています。スイカなどの瓜科の食べ物に含まれているシトルリンは、ペニスへの血流をアップするとされています。たくさんある瓜科の食べ物の中でも、スイカは100g当たりのシトルリン含有量は約180gと群を抜いて多く、ペニス増大を目指すならぜひ積極的に食べたい食品です。

パプリカ

パプリカ

赤パプリカと黄パプリカには、たくさんのビタミンCが含まれています。ビタミンCと聞くと、美容に良いビタミンというイメージがあるかもしれませんが、実はストレスを撃退するのに欠かせないビタミンでもあります。人はストレスを感じると、副腎から抗ストレスホルモンを分泌してストレスから体を守ろうとします。抗ストレスホルモンを作る副腎は、ビタミンCを大量に必要とする臓器であるため、ビタミンCを多く含む食べ物を食べることで、ストレスに強い体を作ることができるのです。ストレスは勃起力を弱める原因になりますから、ペニスを大きくしようと思うなら、積極的にビタミンCを多く含むパプリカを食べると良いでしょう。

食べ物に気をつけるだけでは不十分な理由

パズル

毎日の食事に注意を払うことは良いことですが、食べ物だけでペニス増大に効果的な栄養成分を摂取することは難しいとされています。その理由についてご紹介します。

大量に食べなければ効果なし!

トマト

「ペニス増大のための栄養成分をすべて摂取するぞ!」と意気込んでも、実際には難しい場合が少なくありません。特に、大量に食べなければ効果のない栄養成分だったり、せっかく食べ物から栄養成分を摂取したとしても、アルコールやストレスの影響で効果が半減してしまったりすることだってあるでしょう。例えば、アルギニンをペニス増大効果が出るほど摂取しようと思うなら、普段の食事からだけでは困難です。また、飲酒の習慣がある人は、アルコールの利尿作用や吸収阻害作用によって、亜鉛やビタミンCなどを効果的に摂取できていない場合があります。

単品摂取は体調を悪化させるリスクが高まる

ストップ

どんなにペニス増大に効果があるとはいえ、その食べ物ばかりを食べていては栄養バランスが崩れ、体調を悪化させるリスクが高くなってしまいます。栄養バランスが崩れると、集中力の低下を招いたり、筋力が落ちたり、さらには精力が落ちてしまったりなど、逆効果になります。

ペニス増大にはサプリメントが最強

サプリメント

栄養のバランスを考えながら効果的にペニス増大に効く栄養成分を摂取したいなら、ペニス増大サプリメントがおすすめです。サプリメントであれば、毎日の食事にプラスするだけという手軽さで、ペニスのサイズアップを図ることが可能になります。ペニス増大サプリメントを選ぶ際には、成分量がはっきり明記されているものを選ぶほうが良いでしょう。