短小ペニスは遺伝してしまうのか…関連性を解き明かす

森田の笑顔
森田

このサイトではペニス増大をテーマにしたものを取り上げていっていますが、今回はズバりペニスの大きさって遺伝しちゃうんですか??です!
顔や身長といった人間の形を形成するものが遺伝するのはなんとなく自身や周りの人をみるとわかると思いますが、アソコの大きさまで遺伝するのかを調査しました!
今のペニスの大きさが父親のせいだ!と思い込む前にどうぞご覧ください。

ペニスの大きさが遺伝してしまった親子

そもそも遺伝とはどういう意味なの?

森田の笑顔
森田

それでは早速ペニスの長さ、大きさは本当に遺伝するの?ということを探っていきたいと思いますが、そもそも「遺伝」ってどういう意味を指すのでしょうか??

遺伝(いでん、英: heredity)は、生殖によって、親から子へと形質が伝わるという現象のことであり、生物の基本的な性質の一つである。

生まれてくる子供たちは彼らの母親と父親のDNAが構成され誕生します。顔の形や体の構成、また身長などは親から遺伝するものです。

これをワールドワイドで見てみると、白人の人たちは身長や体の大きさはアジア人と比べると大きかったり、またアフリカ系の人たちは身体能力に優れていたりすることにも表れています。アジアもいくつかに分けることができ、例えばマレー系の人たちは体のサイズが少し普通のアジアの人たちよりも大きいです。

インド人は肌の色が我々日本人とは違います。つまり、人体というものは長い歴史を持ち遺伝されていき、それが子孫に継承されていくのです。これはペニスも同じであり、白人やアフリカ人のペニスの平均サイズは我々アジア人よりも大きいと言われています。詳しくは驚愕!ペニスの長さ世界ランキングが発表されてた件をご覧ください。

ペニスの大きさは遺伝するのか

森田の笑顔
森田

それでは短小ペニスは遺伝するのかという本題についての答えはどうなのででしょうか。

で短小ペニスは遺伝するのかという質問に対しての答えはYESとなります。例えばある民族がいるとしましょう。その民族は他の民族とは一切かかわりがなく、いわゆる血統書付きです。

この民族の男性たち、またその祖先も短小ペニスであったとしたら、彼らのペニスのサイズ、そして身長や体の大きさもすべて同じような形をしているはずです。動物の例をとっても血統書付きの犬は同じ形をして同じ色であるように、遺伝が大きな要因となるのは自明の理です。

ですが、こんなことが我々の社会の中であり得ることなのでしょうか?我々は不特定多数の人たちと出会い、結ばれて子孫を残します。ましてや今はグローバル化の時代です。多くの人種が混じり合うのは普通のことですね。実際に私も世界10か国程度の女性と身体を重ねたことがあります。

なにが言いたいかといいますと父親のペニスのサイズか自分のペニスのサイズと同じになることはあり得ないのです。もし母親の家族に大きなペニスを持っている者がいれば、それが遺伝して、父親が短所ペニスにも関わらず子供は大きなペニスを持つこともありえます。特に母親の父親、祖父の影響を受けることはその他の部位でも多くみられる現象です。特に薄毛は祖父の遺伝が8割を占めるという調査結果も出ているほどです。

兄弟がいる人はわかると思いますが、顔の形は似ていてもが身長や髪質などは異なっているケースや、反対に顔の形は似ていないが体のサイズが同じであったりするケースは多々みられますね。先ほど述べた薄毛についても遺伝するのかという議題に対しても、同じことが言え、父親の薄毛事情は必ずしもその子供に遺伝すことはく兄弟のどちらかがハゲているケースなどもありますね。つまりペニスも同じで短小は決して父親の遺伝子が影響するものではないのです。人間は長い歴史をもっており、遺伝というのは祖先の集約化されたものなのです。

短小ペニスは遺伝するかという質問に対して、大きなくくり(国や地域)で見るとペニスのサイズは遺伝する。しかしながら遺伝子には歴史的経緯が含まれているので父親が短小だからといって自分が短小になるとは限らない視点から見ると短小ペニスは遺伝しないというまとめ方で締めたいと思います。

環境や生活の変化がペニスに影響を与える

ペニス環境の悪さを嘆く男

戦後の日本人の平均身長や身体的要因と現在の状態を比べてみると明らかに変わっているのがわかりますね。厚生労働省の調査によると1950年の男性の平均身長は161.5センチ、女性の平均身長は150.8センチでしたが、2007年には男性173.3センチで女性が156.5センチとなっています。男性⇒11.8センチ、女性が6センチも大きく変化しています。その要因として、環境の変化と生活レベルが上がったからだと考えられています。

戦後に比べて人々は安心を得て、また食生活も以前に比べて大きく変化したのはご存知だと思います。身長は遺伝するものですが、環境の変化が身体に対しても多大な影響を与えることは明らかですね。また私たちは多種にわたる栄養素を手に入れることができるようなったことも大きく影響しています。多くの栄養素を簡単に摂取できるようになったことにより私たちは知らぬまにペニスのサイズや精子を作る機能を向上させる栄養素も摂取していたということですね。

当然ながら遺伝はしますが、それと同時に環境の変化や食生活によって人間の身体は進化していきます。つまり遺伝や環境、食生活またこれらによって起きた進化があなたのペニスに影響を及ぼしているのです。

短小ペニスを長大ペニスへする方法

森田の笑顔
森田

そ結局は遺伝するものの、それ以上に環境が重要だという事がわかりましたね。では実際にどういった環境を作ることにより大きなペニスを手に入れることができるのでしょうか調べてみましょう!

Dr.ディックのワンポイント
Dr.ディック

人間の能力は努力次第で向上させることができます。一例としてスポーツ選手の体は一般の人よりも大きくなりますよね。彼らはハードなトレーニングを毎日やり、栄養バランスなどにも注意してしっかりと食事をとっています。逆に筋肉を長期にわたって使わなかったり、悪い食生活により身体能力は減退していきます。これは現役時と引退後を比較すると簡単に想像できることだと思います。
ペニスも同じで毎日ペニスを使い、そしてペニスに良い栄養素を摂取し管理してあげればよいのです。

Dr.ディックのワンポイント
Dr.ディック

第一に毎日オナニーかSEXをすることですね。毎日オナニーをすることでペニスの機能に働きかけることが重要です。ですが、ここで注意する点がオナニー時、ペニスを力強く握りすぎたりして遅漏(膣内射精障害)になったり、またSEXのやりすぎというのはペニスを傷つけることになりますので、あまり乱暴なペニスの使い方はやめましょうね。

Dr.ディックのワンポイント
Dr.ディック

第二にペニスにとって良い栄養素を摂取することです。これはボディビルダーにとってはプロテインのようなものだと考えてください。

摂取するべき成分はLシトルリン、Lアレルギン、トンカットアリ、亜鉛。これらを毎日必要分だけ欠かさず摂取することが大切になってきます。このような成分がいっぺんに取れるのがペニス増大サプリメントとしてカテゴリーされる商品になります。

この2点を毎日欠かさずすることによって、きっと誇れるペニスを身につけることができるのではないでしょうか。。

アルギニン、シトルリンが1日800mgずつ摂れる最高級サプリ プライムモンスターを今すぐ手に入れる!